定職に就き、それ以外の時間を使って働こうとしたとき、どうしても夜間や土日にパートに出ることになりました。
時給が高いアルバイトをするなら
PAGE

労働量に対して時給の低い職

定職に就き、それ以外の時間を使って働こうとしたとき、どうしても夜間や土日にパートに出ることになりました。私の場合、ちょうど近くに知り合いの寿司屋さんがあったのでそこで働くことにしました。店は水曜の定休日を除いては朝の9時から晩は12時過ぎまで仕事があり、食器洗いなどの多い日は、深夜1時過ぎまで空いていることがあった。当然時給も納得して働きだしました。

私は晩の8時から11時までと、土日の昼間にさせてもらうことになりました。時給は思ったよりも安く、840円、深夜や休日にも関わらず、その値段のままでした。時給は仕事をおぼえると上げてもらう予定でしたが、半年以上働いた現在、一向に上がる気配はありませんでした。もともと仕事の内容は幅広く、食器の洗浄だけではなく、ホールに出ての接客業や、その他仕出しを配達する仕事までやらされていたが、その仕事量に似合った時給をもらっているとは思われませんでした。

同じ飲食関係でも、他にパートをしている人の話を聞くと、厨房、食洗、ホールの接客と、それぞれのパートは決められたものだけをこなすだけで、それ以上の時給をもらっているところはたくさんありました。出来れば仕事量にあった時給のところを探すことが理想であり、その方が長く仕事を続けられるのだと思います。

求人の基礎知識?専門知識まで